知っておくと得をする教育のおはなし

英会話と幼児教育について

幼児期は物事の吸収も早いことから、英会話もネイティブに近い耳で聞き取り習得しやすいと言われています。
英会話は、小学生で必須科目となるため、親としては、就学前の吸収しやすい時期から英会話を学んでおくことで、学校の授業でも困ることなく入っていけるので、英語教室に通うことを考える家庭が増えています。
幼児教室では、幼児が英会話に興味を持つように心がけます。
大人になるとわからないということから、苦手意識をもちますが、幼児の頃だと苦手意識というものがあまりないため、素直に学ぶことができ、できなくても遊びから入ることにより、楽しみながら覚えることができることから、同じ学習でも、大人よりも吸収がよく覚えることができますし、小学校に入ってからよりも幼児期がさらに良いとされています。
人は、三歳くらいの頃には簡単な言葉を理解して、小学校に上がる前には日常会話は話すことができるのですが、もちろん日本語を理解して語彙が急激に増えていくのも小学校に上がるくらいの頃です。
こうした時期に多言語、英語脳をつくっておくということは先々お子様を英語を得意分野にしていきたい、英語に困らないように育てたいと願う方には力を入れたい部分でしょう。
大切なのは、子供がイヤイヤではなく、楽しみながらできることが大前提の上で英語教育を幼児期に始められることがよいでしょう。